この方は「股関節・坐骨神経」の施術を希望されて和楽堂に来られました。

体は右に傾いています。

写真は正直です。症状は体の形に現れます。歪んだ機械は動きません。体も同じことです。

関節や筋肉、神経や内臓、心のストレス、体のどこかに不具合があれば、体の形は非対称になり、正常な動きが出来なくなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

※すべての方に成果と成功を保証するものではありません。

【整体ワンポイント解説】

一般に、姿勢はその人の個性程度に考えている方がほとんどではないでしょうか。

姿勢の異常が体の歪みが原因で、起きている場合であってもです。

現代医学においても、体の歪みや姿勢について、重要視していません。

当人も人から見られる「見栄え」を多少気にしても、病気として自覚することはありません。

体の歪みは部分的な異常ではなく、体全体の異常であり、それは病気としても扱われるべきものなのです。

背骨や骨盤の歪み、手足の長さの違い、があって、正常な動きが出来ていなければ、それは健康であるとはとても言えません。

体の歪みと病気は同一線上にあるのに、体の歪みは無視され、部分的な症状や病気だけに意識が言ってしまいがちです。

まずは根本原因である体の歪みを放置しないことが重要です。

体の歪みにより、左右の手足の動きのバランスが崩れ、かがめない、反らせない、しゃがめない、手を上にあげられない、足を組めない、歩きにくい、足が開かない、など

体の動き異常が起きることは、痛みがなくてもそれ自体がすでに病気と思わなくてはいけません。

体に不調を抱えている方のほとんどに、体の歪みは存在します。

自分の姿勢や体の歪みに、意識を置くようにしてください。