30年以上に及ぶ私の整体の歴史です。

(年表)

1987年:和楽堂開業(当時は接骨院)

1989年~1991年各種整体の講習会及び勉強会に参加

1991年~1994年:(しん相調整医学会)
(故)林宗じ先生に師事

1994年~1996年(日本理学整体学会)
酒井和彦先生に師事

1996年~現在(バランス反射療法研究会)
坂口明先生に師事

(解説1)

1989年から1991年までは、どのような整体術を学ぶべきか暗中模索の中、有名な整体の先生の勉強会や講習会があれば全国どこにでも参加した時期です。

しん相調整医学会は毎月名古屋と大阪で2回勉強会がありました。土曜日の夕方から次の日曜日の夕方まで、一睡もしないで4~5人のグループ単位で、熱心に勉強しました。

日本理学整体学会に通っていた時に、阪神大震災があり、山陽本線が行き止まりで、日本海周りで広島から名古屋まで8時間かけて勉強会に参加したこともあります。

今では良い思い出です。

(解説2)

当院整体の源流からの現在までの系譜です。
・源流:(故)森原貞雄先生
・継承者(故)藤原雪修先生:手技治療研究会(手技研)
・継承者 坂口明先生:バランス反射療法研究会

(解説3)

林宗じ先生、酒井和彦先生、坂口明先生は、藤原雪修先生の直弟子だった先生方です。これら先生方はかなり有名で、整体を志している者で、この先生方を知らない人はいないと思います。

その中で坂口明先生だけが、藤原先生がお亡くなりになる前に正式な後継者として認められています。

坂口明先生は、学識、手技の両面で突出した才能を持っておられますが、他のお二人の先生方に比べ、書籍の刊行やご自身の宣伝には全く興味がない方で、世間的には、他のお二人に比べてお名前は知られていないかもしれません。

しかし、坂口先生の勉強会は全国からお弟子さんが集まり研鑽を重ね、大阪にある坂口整体院は口コミだけで、いろんな悩みを抱えた多くの方が訪れています。