この方は「椎間板の異常」の施術を希望されて和楽堂に来られました。

背骨が弯曲して、体は左に傾いています。

写真は正直です。症状は体の形に現れます。歪んだ機械は動きません。体も同じことです。

体のどこかに不具合があれば、体の形は非対称になり、正常な動きが出来なくなります。

※すべての方に成果と成功を保証するものではありません。

 

【整体ワンポイント解説】

体のどこかに問題があれば体の形は正常にない

椎間板の異常に限らず、体のどこに異常があっても、体は、左右対称を維持できません。

それは、立つ、座る、寝る、のどのような姿勢をとっても、かららず左右非対称になっています。

ほとんどの方は、症状があるところだけを問題視して、そこだけの処置を考えますが、

和楽堂では、体全体のバランスや体の形の異常から、症状の問題を考えます。

元々のアプローチの発想が、他の施術とは異なっているのです。

局所の問題(症状)は体全体(体の形)の問題です

日ごろの左右の手足の使い方が違えば、左右の筋肉系のバランスが崩れ、緊張した側に骨格は

引っ張られて、体はそちら側に歪みます。

そのことによって引き起こされた症状は、幾ら局所だけを対処しても、問題の解決にはなりません。

当然、

・なかなか良くならない
・良くなってもすぐに再発する
・別の箇所が次々悪くなる

といった問題が出てきます。

体の左右対称を目的にした、体の形を変える整体ならこのような問題に適切に対応できます。

体の歪みに関してのご相談は和楽堂にご連絡ください。