この方は「左股関節」の施術を希望されて和楽堂に来られました。体は大きく右に傾き歪んでいます。

写真は正直です。症状は体の形に現れます。歪んだ機械は動きません。体も同じことです。

骨盤、関節や筋肉、神経や内臓、心のストレス、体のどこかに不具合があれば、体の形は非対称になり、正常な動きが出来なくなります。

※すべての方に成果と成功を保証するものではありません。

【整体ワンポイント解説】

股関節の変形は、体の使い方の問題もありますが、中には、生まれた時の関節の形状が影響股関節の変形が早い時期に起こる方は、元々、大腿部の骨頭を受ける腸骨側の関節臼の溝が浅くなっている可能性があります。

その為日常の動作や運動で、股関節に体重が掛るたびに、通常形状の人よりも関節に負担がかかり変形が早く進みます。

正しい歩き方や立ち方に変えれば、たとえ関節臼の形状が多少悪くても、その負担は減らせることが出来ます。

当院では、まずは正しい歩行と立ち方を指導しています。それをしないといくら体の形を良くしても、すぐに戻ってしまうからです。

重度に変形した股関節についてですが、軟骨が無くなり、骨までが変形して関節に癒着が起きている場合は、いくら整体で、体の形を変えても、関節が元に戻ることはありません。

しかしながら、整体で体の形を変えると、立ち方や歩き方のバランスが良くなり、股関節にかかる負担が減少し、痛みを抑えることが出来ます。

手術を勧められた方でも、定期的に当院の施術を受けて体のバランスが良くなると、関節の形状に変化はなくても、日常の生活は、気にならない程度に抑えこむことは可能です。

実際に当院の利用者さんの中には、すぐに手術をしなければいけなかったレベルの方でも、生活に支障をきたすことなく、10年以上、維持できている方もおられます。

(注意)
この上記の写真の方は、当院まで1時間以上かかるところに住んでおられ、ご主人に車に乗せてもらって週に1度定期的に来られていました。

数回目の施術で、痛みは軽減したのですが、その後また無理をして痛みが強く出てしまいました。

そうした中、予定していた予約の日時を間違われたために、調子が悪いのに施術間隔が2週間以上開いてしまいました。

その2週間の間に、痛みを我慢しながら仕事で無理をされたため、症状は、さらに悪化したそうです。

結局、当院の予約日まで我慢できず、痛みを抑える処置をしてもらうために当院に来る前に行っていた整形外科とは違う別の病院に行かれました。

注:以前行っていた整形外科では、手術は勧められていませんでした。

新しく行った先の病院で、「このままだと大変なことになる」「すぐ手術した方が良い」と手術を強く勧められたそうです。

医師からそこまで言われると、この方も怖くなったようで、結局、手術をする決断をその場でされました。

こちらには申し訳なさそうに電話でそこに至った経過をお話になりました。

当院は、決して手術を否定しているわけではなく、利用者様の様々な生活環境や体の状態、仕事の内容などあらゆる条件を考えて対応しています。

利用者様の条件や状態によって、手術をした方が良いと思われる場合には、そのことを伝えています。

ただし改善の余地がある場合や手術しなくても痛みなく現状を維持できる可能性がある場合は、当院の整体をお勧めしています。

医療機関において、重度の変形した股関節の対処の方法を相談すれば、手術しかありません。

選択肢は、手術を「すぐするか」「少し先延ばしにするか」しかないのです。

しかし手術を決断する前に、もう一つの選択肢として、「変形した股関節と共存する」という方法があります。

股関節に関してのご相談は和楽堂にご連絡ください。