この方は「産後の骨盤に由来する、腰・恥骨・仙骨・股関節」の施術を希望されて和楽堂に来られました。

体は右に傾き、左肩が下がっています。

写真は正直です。症状は体の形に現れます。歪んだ機械は動きません。体も同じことです。

骨盤、関節や筋肉、神経や内臓、心のストレス、体のどこかに不具合があれば、体の形は非対称になり、正常な動きが出来なくなります。

※すべての方に成果と成功を 保証するものではありません。

【整体ワンポイント解説】

当院の整体の結果は、写真を見ていただくと体の形がどれだけ変化しているか、一目瞭然で理解できると思います。

受けた利用者さんは、その写真の変化の大きさと、実際に施術を受けた感覚が一致していないようです。

当院の施術は、「押したり」「揉んだり」「叩いたり」「捻ったり」を全くしていないからです。

手足を軽く動かす、指で皮膚に触れる、これだけの刺激でなぜ体がこれだけ変化するのか理解できないようです。

見た目には、どの人にも同じ技を使っているように見え、その違いは分からないと思います。

技もちょっと習えば誰も簡単に出来そうに見えます。しかし、どの技も完璧に修得できるまでには、10年以上掛かる技ばかりです。

これは武道と同じと考えていただくと良いかもしれません。

趣味程度ではなく、どんな場面でも実践に使え、人に指導できるレベルになるまでには、それ位掛かります。

利用者さんの体をさわって、体の形を変え、対価を頂くということになると、アマチュアレベルの技術では許されません。

和楽堂の技は、絶妙で繊細な操作、呼吸の使い分けが必要で、短期の習得は不可能なのです。

体の歪みには、左右の違いとして、ねじれ系、流れ系、前後系、重心系、軸系、5系統あって、さらに前後傾に分かれます。

と言うことは、単純に考えれば、1つの技においても、歪みに合わせた操作法は、左右の2つの5乗で32通り、さらに前後傾が加わり64通りの使い分けがあるということです。

ただ、実際に通常よく見られる歪みのパターンは、これほど多くはありません。それでも、常時16通り位の使い分けは必要です。

同じように見える技も、その人の歪み方によって、関節角度、動かし方、呼吸、を変えて、使い分けをしています。

それだからこそ、どのような歪みにも対応でき、どんな方にもその人に合ったオーダーメイドの施術が出来るのです。

この手技は大変優れた整体手技であるため、過去から現在まで、全国の多くの国家資格を持つ施術家が、この技の習得を目指していますが、技の習得が大変困難な為、この技を思い通り使いこなせる整体師は、ほんの一握りです。

和楽堂の手技は短期で習得できるような整体ではありません。また医学知識のない素人でも、時間をかければ習得できるといった技でもありません。

体の不調が気になる方は、一度当院の整体の技を体感してみてください。