この方は「股関節の異常」の施術を希望されて和楽堂に来られました。

背骨が弯曲して、体は右に傾いています。写真は正直です。

症状は体の形に現れます。歪んだ機械は動きません。体も同じことです。

体のどこかに不具合があれば、体の形は非対称になり、正常な動きが出来なくなります。

※すべての方に成果と成功を保証するものではありません。

【整体ワンポイント解説】

お尻にテニスボールを当てる対策

股関節が悪い方で、お尻にボールを当ててお尻の筋肉をほぐしている方が多くおられます。

やっておられる方にお聞きすると、やった後は、痛みも軽減して、楽なのだそうです。

「それなら、その対策で、以前より症状は改善しておられますか?」という問いに、

「症状は、以前と比べて徐々に悪くなっています」という返答でした。

それはなぜか、理由が2つあります。

足首や膝の動き、骨盤の捻じれが影響

1つは、股関節が悪い場合、足首や膝の動き、骨盤の捻じれが影響しています。

股関節が悪くなっている原因は股関節だけの問題ではないのです。

大殿筋と中殿筋の左右の働きの違い

もう1つは、骨盤と股関節につながってるお尻の筋肉には、色々ありますが、その中でも大きな筋肉である、大殿筋と中殿筋の左右の働きの違いです。

中殿筋の緊張している側は、大殿筋は弛緩して力がなく、大殿筋の緊張している側は、中殿筋が弛緩して、力がありません。

同じお尻の大きな筋肉ですが、左右で緊張と弛緩が違うのです。

臀部のどこの筋肉に、どのように刺激を入れるかは、歪みのタイプによって変えなくてはいけません。

当院の施術は、股関節の局所だけにこだわりません、

足・膝の関節や骨盤の歪み、臀部や大腿部の筋肉の調整をメインとして、体全体のバランスを取ることで股関節の不調を改善に導きます。

体の左右対称を目的にした、体の形を変える整体ならこのような問題に適切に対応できます。

体の歪みに関してのご相談は和楽堂にご連絡ください。