「脊柱管の狭窄」と「体の形」

自然法則に基づく整体で体の形を
変えれば「脊柱管」は変わる!

中高年になって起こる足のシビレや
痛みは、病院で詳しく調べると、
脊柱管に異常が見つかることが
あります。

臀部や足に痛みやシビレがあり、
脊柱管の異常の可能性のある方は、
脊柱管の異常について分かりやすく
説明しますのでお読みください。

【脊柱管の異常・体の形】


体が中心軸に対し非対称性です。

※この方は、整形外科で「脊柱管狭窄症」と
 「変形性の膝関節症」の診断を受けて
 おられます。

【脊柱管の異常・脊柱管狭窄症とは】

脊柱管の異常で、一般的によく知られて
いるのが、腰部の「脊柱管狭窄症」です。
(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱管とは、背骨、椎間板、椎間関節、
靭帯などに囲まれて脊髄の通り道です。

そこが狭くなると、神経が圧迫され、
臀部や足に痛みやシビレなどの症状が
出ます。

【脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア】

お尻や足に痛みやシビレが
出る病状として、一般なのが、
「脊柱管狭窄症」と「椎間板
ヘルニア」です。

この2つは足に同じような
症状が出る のですが明ら
かな違いが有ります。

その特徴を説明しましょう。

「椎間板ヘルニア」に比べ、
中高年に多いのが、
「脊柱管狭窄症」です。

「椎間板ヘルニア」は前かがみで
症状が出やすく、「脊柱管狭窄症」
は腰を反らせた時に症状が出やすい
です。

「脊柱管狭窄症」は、数十メートル
歩くと症状が悪化して、座って少し
休むと症状が軽くなり、また歩くと
悪化する、間歇性跛行(かんけつせい
はこう)という症状が特徴的です。

 

【脊柱管に異常が起こる理由】

多くは加齢に伴う変化というのが、
一般に言われる原因です。

たとえば、椎骨の変形(骨棘の形成)、
椎間板の膨隆、靭帯の肥厚、等です。
また、すべり症による骨のズレ、
などにより脊柱管が狭くなることも
あります。

これらが一般的な原因とされて
いますが、これ以外にも、医療機関
では、ほとんど説明されていない
根本原因があります。
それは「椎骨の傾斜」です。

【椎骨の傾斜(椎骨のゆがみ)について】

椎骨の傾斜は、脊柱管狭窄症だけでなく
椎間板ヘルニアにも言えることなの
ですが、椎骨の変形、椎間板の膨隆、
靭帯の肥厚、などがあって、画像上
脊柱管が狭くなっていても、上下の
椎骨が前後左右に水平ならば、症状は
軽い場合や出ない場合があります。

    (水平の場合)            (椎骨に傾きがある場合)

※脊柱管は椎間が狭まっている側に症状が出やすく、
 椎間板は椎間が広い側に症状が出やすい傾向に
 あります。

 

椎骨の傾き自体が原因で、ある一定の
姿勢で症状が強く出やすくなっている
のです。

さらに根本的なことを言うと、
椎骨に傾きが起きたことが
原因で、椎骨の変形、椎間板の
膨隆、靭帯の肥厚、などの器質的な
変化が起きた可能性も否定でき
ないのです

【椎骨の傾斜を放置してはいけない】

脊柱管に異常が起きた時に、整形外科で
行う処置で、薬の服用やブロック注射、
などの痛みを抑える対策は、痛みさえ
軽くすればよいという対策です。

それで良くならなければ、手術に
なります。しかし、問題の箇所を
手術で除去しなくても、椎骨の傾き
を改善すれば、問題は解決 できる
ケースは多いのです。

根本の解決のためには、椎骨の
傾きを、まずは変える必要が
あるのです

【整体の目的は脊柱管の修復ではない】

整体の目的は、非対称の体を対称に
すること、それによって、骨盤や
椎骨の傾きを無くすことです。

脊柱管が異常を起こした根本原因は
体の非対称により、骨盤や椎骨に
前後左右に傾きが起きた為です。

この根本原因がよくならなければ、
脊柱管だけに注目する処置では不十分
なのです。

 

【手術は最終手段】

和楽堂は、病院で手術を勧められた方が、
整体で体のバランスを整えて、椎骨の
傾きが水平になった結果、症状が
良くなった症例が数多くあります。

体が中心軸に対し対称性に近づきました。

※:あくまで個人の結果です。すべての方に
成果や成功を保証するものではありません。

整体ではなかなか難しい場合があります。
〇整体で対応できないくらい病状が
かなり悪い。(激痛で動くのが困難)
〇かなり症状が悪いのに、強い痛み止めを
服用して痛みをごまかしながら、重亮物を
持つ仕事をしている。
などです。

 

【トップページに戻る】

受付時間 (完全予約制)

午前9:0012:00 午後4:007:00
(土日祝は13:00まで)
毎週:月・木休み/土日祝の午後休み

電話でのご予約

インターネットでのご予約

このページの先頭へ