膝痛

ひざ痛の原因は、外力によるケガ、
老化による変形、膝関節(軟骨、
靭帯、関節包、半月板)の異常、
膝の関節を構成している骨の異常、
膝周辺の筋肉の異常、股関節の
異常からの関連痛、腰の異常から
くる関連痛、関節に関わる内科的要因、
など様々な原因があります。

【整形外科と整体の対処法の違い】

整形外科では、痛み止め、注射で
水を抜く、関節内に潤滑成分の
ヒアルロン酸の注射をうつ、膝
周辺の筋力アップを指導されます。

これらで良くなければ、
手術を勧められます。

整体的な見方で膝関節の異常を
考えると、問題は膝だけでなく、
足、足首、股関節、骨盤、腰、
などの異常が膝に影響を与え
ると考えています。

その上で、施術は膝だけでなく、
体全体の状態を確認して、痛みの
ある膝だけでなく、膝に悪影響を
与えている所を調整していきます。

【整体は膝だけの施術はしない】

例えば右の膝が痛む場合、右膝に
影響を及ぼした問題箇所が体の
どこかに必ずあります。

もし骨盤に問題が見つかれば、
骨盤の左右の筋肉でバランスの
崩れた場所を調整し、バランス
をとるようにします。

右膝に負担をかけるアンバランスな
筋肉系を整えると、膝の関節や周囲の
関節のかみ合わせが正常になり、
関節の症状は良くなっていきます。

そうする事で、膝だけの局所の
施術で解決できなかった問題も、
解消し、その後も再発する事なく
予防につながります。

体のどこの関節であれ、そこに
痛みがあったとしても、本当の
原因はそこに無いことは多いのです。

局所だけを見る施術の
限界はそこにあります。

【安易に手術を考えない】

最後には手術をすればいいなんて、
安易に考えてはいけません。

手術をしないで済む方法がある
のであれば、その方法をまずは
試してください。

手術を勧められていた方が、
整体によって手術を回避
されたケースが多くあります。

写真は、右膝痛の方の不良姿形写真です。

Oさんは右の膝痛で来院されました。
左足に比べて、右足は随分と外側に
捻じれて変形が進んでいます。

来院時、立っているのも歩くのも辛い状態で、
右足は3㎝も短く、骨盤は傾いていました。
こちらに来られるまでに、整形外科に何年も
通っていましたが、良くなりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝痛の方は、必ずと言ってよい位
体に非対称の歪みを持っています。

膝痛について、あなたがこれまで、
医療機関で体験してきた、痛ければ
痛み止め、良くならなければ手術と
言われ、それが嫌で、

接骨院や鍼灸院、指圧マッサージ、
揉み解し整体などの民間施術で、
痛みをごまかす日々、

そんなあなたが、今までやってきた事、
聞いたりしてきた事とは違う視点で、
膝痛を根本的に解決する方法を、
これから説明していきますので、
最後までお付き合いください。

まずは、

膝痛と言っても症状は様々です。

あなたの膝痛はどのタイプの
症状でお悩みなのでしょうか。

【痛み方の特徴と解説】

あなたの症状を医学的に解釈した
「一般解説」と整体学的な解釈を
した「整体解説」の2つを記載して
いますので、参考にしてみてください。

(症状1)
◆膝だけが痛い。
◆膝の曲げ伸ばしが出来ない又は痛い。
◆膝に水が溜まって腫れている。

(一般解説)
膝関節(関節、半月板、靭帯、腱)
に大きな負荷がかかったことが原因の
故障です。

(整体解説
筋肉のバランスが崩れているため
骨格が安定していない。

(症状2)
◆膝周辺だけでなく、お尻周辺や
大腿部、下腿部も症状がある。
◆膝の内側でなく外側が痛い。
◆正座は出来る。
◆膝の検査は陰性。

(一般解説)
腰に関連する痛みです。
腰自体に痛みは感じなくても、
下肢に広がる痛みがある場合は
腰からの神経の痛みが膝周辺に
出ている場合があります。
 
(整体解説)
下半身のバランスが崩れている
ために、腰や骨盤が歪み神経の
異常が起きている状態です。

(症状3)
◆膝のお皿のすぐ上あたりが痛い。
◆膝関節の検査は陰性。
◆膝を伸ばす時に痛い。

(一般解説)
大腿四頭筋の過緊張が原因です。
また、子供の場合に多いのですが、
股関節に異常が起きている場合に
股関節ではなく膝が痛いと訴える
ことがあります。

(整体解説)
骨盤や股関節周辺の筋肉のバランスが
崩れています。

筋肉で言えば、大腰筋、腸骨筋、殿筋、
大腿4頭筋、大腿2頭筋などです。

(症状4)
◆膝全体に違和感
◆膝が不安定、ずれてる感じがする。
◆椅子から立つ時や階段で力が入らず
違和感がある。

(一般解説)
膝の筋力不足、大腿部の疲労の蓄積
が原因しています。

 (整体解説)
筋肉の動きが悪くなっています。
伸筋と屈筋のバランスが悪く、
膝の動きに影響を与えています。

(症状5)
◆膝全体に強い痛みがある。
◆熱感や腫れがある。
◆寝ていても立っていても変わらず痛い。
◆どんな動きをしても痛み方に変化がない。
◆痛みが楽になる姿勢がない。

(一般解説)
関節に関わる内科的要因が
絡んでいる場合があります。

(整体解説)
医療機関での検査が必要です。
その上で、痛みを抑えることや
回復を早めることは可能なので、
医療機関と連携しながら整体施術
をお勧めします。

   和楽堂健姿形矯正院
 (0823)-74-7718
膝痛でお悩みの方はご相談下さい。

 

【膝痛の一般的な処置】


以上の説明で分かる事は、膝痛と
言っても、症状は様々です。

医療機関、接骨院、鍼灸院、
指圧マッサージ院、
整体院(揉み解しの整体・ポキポキ整体)
で行われる膝痛の処置としては、

痛みのある患部に、
シップ ・ 薬(痛み止め) ・ 手術
物療(電療) ・ 冷やす ・ 温める
揉む ・ 叩く ・ 捻る ・ 押す
引っ張る ・ さする ・ 刺す

などの処置を施します。

 

【膝に人工関節を入れた方の姿形写真】

和楽堂には多くの膝痛の方が
来られています。下記の写真は膝に
人工関節の手術をされた方の
姿形写真です。























左右の膝に人工関節を入れる手術を
受けたにも関わららず、膝に痛みがあり、
膝を90度さえ曲げることが出来ません。

右膝は外側に捻じれ、
体は捻じれ、傾いています。

歪みを残したまま手術をしても
術後の膝の経過は芳しくありません。

さらに、下半身の歪みのせいで左肩が
大きく下がり、膝だけでなく、左首、両肩、
上腕部にも強い痛みが出ています。

 

【和楽堂の整体とは】

和楽堂の整体は「バランス反射整体」
と言う手技を使っています。

膝痛の根本原因である、体の非対称性の
歪みを整える事を目的にした整体です。

一般的な整体で行われる関節を
ポキポキさせたり、腰や首を
捻ったり、関節を押し込んだり
患部に刺激の強い施術をする
ことはありません。

最近流行の慰安系の揉み解しの
整体ではありません。

極弱刺激の整体で、手足を軽く
動かし、手足の筋肉系を整え
揃える事で、体幹部を整えます。

 

【体の左右対称は下肢の歪みを整えることが基本】

膝痛の施術は、まずは足の筋肉を
整え揃えて、体全体を左右対称に
する事を目的に行います。

体の崩れは、ある筋肉は緊張し、
ある筋肉は力なく弛緩し、その
筋肉に影響を受ける関節が可動性
を失ったり、安定性を失ったり
することで起こります。

 

【膝痛の症状は多様でも根本原因は1つ】

膝痛には色々な症状がありますが、
膝痛の方すべてに共通しているのは、
足の筋肉のバランスが大きく崩れて
膝関節の軸が狂い、骨盤や上半身のも
影響し、体は非対称になっていると
いうことです。

ほとんどの医療機関においては、
歪みがある下肢や体の非対称を重要視
していません。

【膝痛は下肢や非対称の歪みを整えることが大事】

患部自体を施術すれば、一時的には
楽になるかもしれませんが、再発
のリスクは残されたままです。

たとえば、足の長さが違う。
左右の足の関節の動く範囲が違う。
股関節の稼動に左右差がある。
骨盤が傾いている。
といった歪みがあり、それが原因で

膝関節の不具合や、膝関節の変形の
が起きている方に、

不具合や変形した関節に、痛み止めの
注射をしたり、問題箇所を切り取っても
歪みの問題は残されたままなのです。

これは、雨漏りをしている家で

雨漏りを桶で受けているだけの
対処と同じです

雨漏りをしている屋根を直さなければ
雨漏りを根本的に直す事はできません。

膝痛は、一時的な局所の対処ではなく、
その膝痛を起こした根本原因である
下肢の筋肉系のバランスを整え、
非対称性の歪みを整えることが、とても
大事なのです。

 

【最初に紹介したOさんの1年後の写真(下)です】

変形していた右足の軸が中心に入り、
外側の歪みが整いました。

左右の足の長さが揃い、膝も楽になりました。
体もすっきり対称の姿形になっています。

1年前の来院時の(上)の写真と比較してください。

※すべての方に成果と成功を保証するものではありません。

【初来院の1年前の写真】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当院で1年間施術した写真】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注:医療機関における痛み止めや
手術を否定しているわけではあり
ません。

症状によっては、どうしても
必要な場合があります。

症状によっては医療機関と連携
しながら対応する場合もありま
すが、膝痛の方は、膝痛の元凶
である歪みを整えることの必要性を
分かって頂きたいと思います。

    
    和楽堂健姿形矯正院
 (0823)-74-7718
 膝痛でお悩みの方はご相談下さい。

 

和楽堂健姿形矯正院の整体について

和楽堂で整体を受けたいと思っている
方は別ですが、整体院はどこがいいだ
ろうかと迷っておられる方は、これを
読んで、納得していただいた上で、
和楽堂を選んで下さい。

もし、あなたが、
「癒しの揉み解しを全身にして欲しい」
「コリを揉んで欲しい」と希望されるので
あれば、和楽堂はあなたに合わないかも
しれません。

和楽堂の整体は他の整体院で行われる
整体とは違いがあります。

和楽堂を選ばれる前に、和楽堂の
整体施術について簡単に説明させ
ていただきますので、これを読んで
納得の上おいでください。

◆整体師には無資格者や民間資格しか
  持っていない人が多くいますが、
  和楽堂では柔道整復師の国家資格を
  持つ私が責任をもって施術をします

◆症状は参考にしますが歪みを
  最重要視します
。 歪みを無視した
  施術は、整体とは言えません。

施術は、指圧のように押したり
  揉んだりしません
。 関節を
  ポキポキ、パキパキすることも
  ありません。

時間制で料金を決めていません
 時間制で行う 整体は整体術
  ではなく、慰安でしかありません。

◆和楽堂の整体には、歪みの有無を確認
  できる 客観的な検査法があります

◆気功とか手かざしのような、目に
  見えないエネルギーを頼りにした
  施術ではありません。 筋肉機能に
  基づいた理論がある整体施術です

◆和楽堂の整体技法は、極めるまでに
  とても時間がかかります。私は整体の
  修行を始めて から現在で26年になります

一時しのぎの整体ではありません
  指圧や揉み解し、電気などの施術を
  受けたすぐは、一時的に軽くなり、楽に
  なったと感じる方もおられると思いま
  すが、歪みはまったく変化して
  いない事がほとんどです。

 コリをほぐすだけでは、歪みを
  整える事はできません。

最初の検査に時間をかけます
  建造物と同じように、最初の段階で、
  図面にミスがあれば、それを基にして
  作られた建造物は欠陥の建造物です。

 最初の検査で間違えると、歪みを
  調整する事は困難です。最初に検査を
  しない、もしくは検査に時間をかけ
  ないような整体は、信頼に足りません。

◆「はじめての方はお安くします」といった
  施術の安売りのサービスはしていません

◆芸能人の来院や整体院の書籍掲載は
  実際の所、お金で買う事が出来ます。

  当院にも多くのこういった営業の
  問い合わせがありましたが、すべて
  お断りしました。  

 中には実際に、マスコミに取り上げ
  られて有名人が通う整体院はあり
  ますが、当院の考え方として、
  その方のプライバシーの問題もあり、
  体の不調で来られた方の名前や顔を出して
  宣伝に使う事はありません。

整体院を選ぶ場合、癒しが目的なのか、
症状と歪みを調整したいのか、
目的をはっきりさせてから選ぶことが
大事です

【膝痛は和楽堂へ】

和楽堂は今まで多くの膝痛で
苦しんでいる方を施術してきました。

長い間、膝だけのアプローチで解決できず、
現在行われている施術に限界を感じて
いる方は、ぜひ和楽堂に相談してください。

【トップページに戻る】

電話でのご予約

インターネットでのご予約

このページの先頭へ