「腰痛」と「体の形」

自然法則に基づく整体で体の形を
変えれば「腰」は変わる!

写真は、腰痛の方の不良姿形写真です。

腰痛の方は、必ずと言ってよい位
体に非対称性の歪みをもっています。

腰痛について、あなたがこれまで
医療機関で体験してきた、痛ければ、
痛み止め、良くならなければ手術と
言われ、それが嫌で、

接骨院や鍼灸院、指圧マッサージ、
揉み解し整体などの民間施術で、
痛みをごまかす日々。

そんなあなたが、今までやってきたり、
聞いたりしてきた事とは違う視点で、
腰痛を根本的に解決する方法を、
これから説明していきます。

 

【腰痛の方の姿形写真】

和楽堂には多くの腰痛の方が
来られています。下記の写真は
腰痛で来られた方の姿形写真です。

どの写真も体が中心軸になく、
左右のどちらかに偏っています。

非対称の歪みを整えることで、
痛みのある患部に直接アプローチ
しなくても、つらい腰痛が良くなる
だけでなく、他の不定愁訴や体の
不調も同時に良くなっています。

それが対症療法には無い、体の
非対称を目的にした整体の優れた
所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【人の体は左右対称が基本】

左右非対称の体の崩れは、ある
筋肉は緊張し、ある筋肉は力なく
弛緩し、その筋肉に影響を受ける
関節が可動性を失ったり、安定性
を失ったりすることで起こります。

股関節や膝関節、足関節の動きの
異常や足の長短が起きれば、足の
筋肉とつながっている腰や骨盤に
歪みは波及します。

骨盤や腰の歪みがさらに進むと、
椎骨、椎間板などにも変化が起き
腰痛が起こります。

 

【腰痛は非対称の歪みを整えることが大事】

患部を施術すれば、一時的には
楽になるかもしれませんが、再発
のリスクは残されたままです。

歪みを放置したまま、飛び出した
椎間板や変形した骨に、痛み止めの
注射をしたり、問題箇所を切り
取っても歪みの問題は残された
ままなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火事に例えると、痛み止めの薬や
手術は、火事を消すのではなく、

非常ベルのスイッチをオフに
して音を止めてしまう。

非常ベルを取り外して
無くしてしまう。

それと同じことで、実際に
燃えている原因の消火には
なっていないのです。

腰痛は、一時的な局所の対処ではなく、
その腰痛を起こした根本原因である
非対称性の歪みを整えることが、とても
大事なのです。

注:医療機関における痛み止めや
手術を否定しているわけではあり
ません。

症状によっては、どうしても
必要な場合があります。

 

【トップページに戻る】

受付時間 (完全予約制)

午前9:0012:00 午後4:007:00
(土日祝は13:00まで)
毎週:月・木休み/土日祝の午後休み

電話でのご予約

インターネットでのご予約

このページの先頭へ