私の整体歴

私が施術家になって、30年以上になります。
これまで見てきた利用者さんは延べ15万人を
優に超えています。

私が、施術家になった理由、接骨師だけでなく
整体師を目指した理由、施術家として何を
学んできたか、これから説明します。

鍼灸師だった祖母の教え

私が高校に入るころまで祖母は
鍼灸院をやっていて、不便なところ
にあったにもかかわらず、多くの方が
遠方から来られていました。

当時は町内に医療機関が少なかった
ため、多くの難しい利用者さんが
受付時間に関係なく来られることが
ありましたが、どんな時も、優しく
「大丈夫よ」と励ましながら施術を
していました。

祖母は施術の技術が高いというだけ
でなく、利用者さんの不安を取り除き、
心の安らぎを与える人でした。

利用者さんの中には、祖母の人柄に接し
人生相談をされる方も多くいました。

祖母は私に、「人はみな【偉い人】
になりたがるけど、本当に大事な
ことは【尊い人】になることなのよ」
と、人の道を教えてくれました。

そんな祖母の施術家としての生き方が、
その後の私の人生に大きな影響を
与えました。

大学卒業後に、医療の国家資格を
取得するために、大阪の柔道整復師の
医療専門学校に行きました。

 

開業後の壁

大阪で3年間の接骨院修行を経て、
昭和62年に広島の呉市広町で
和楽堂接骨院を開業しました。

最初の内は、多くの利用者さんが来られ、
とても順調でしたが、評判が良くなって
くると慢性の重度症状の利用者さんが
多く来られるようになってきたのです。

接骨院は、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの
急性疾患専門の施術院です。

当時、慢性症状の利用者さんをみる知識も
技術もほとんどもっていませんでした。

ケガ以外は治せないという壁に突き当たりました。

多くの苦しんでおられる利用者さんの
症状を少しでも良くするには、さらに
高度な手技の勉強をしなければなら

ないことに、この時初めて気がつい
たのです

5年間、ありとあらゆる手技を学び、
有名な施術家の講習会や勉強会があると聞けば、
どんなに遠くであっても出かけていきました。

しかしながら、自分が一生かけても良い施術に
出会うことはありませんでした。

 

自分の目指す整体術との出会い

そんな中ある先生から「整体を学ぶ
者にとって 伝説の施術家と言われる
藤原雪修の、直弟子 だった先生が、
名古屋で勉強会をやっているから、
一緒にいこう」と誘いを受けました。

さっそく勉強会に参加したのですが、
そこで見たその技のすごさに驚か
されたのです。

もむ、たたく、ひねる、押さえるといった
強い刺激は一切なく、カイロプラクティック
のように骨をポキポキさせることもなく、
すごく単純に見える技なのに、体の形が
明らかに変わるのです。

体の形が変わった後は、体の形だけでなく、
あらゆる症状が変化しました。

その奥深さに感激したのですが、実際に
学んでみると、底の見えない位、高度な技で、
25年以上学んだ今でも、まだ修行中です。

私はこれまでに故藤原雪修先生の流れを汲む、
同じ流派の有名な三人の師の下で学びましたが、
20年前に、藤原雪修最後の弟子で、坂口明という
天才整体師との運命的な出会いがありました。

現在、当院は、体の形を変える整体院として
多くの利用者さまのつらい症状と向き合い
健康維持のお手伝いをさせて頂いています。

 

祖母の志を胸に

祖母は、私が施術家として祖母と
同じ道を歩むことになった姿を
見ることなく亡くなってしまい
ましたが、祖母の志を受け継ぎ、

これから先も、自分の持てる最高の
施術を提供 し、多くのつらい思い
をしている方々の改善の道を、共に
探し手助けして、心身ともに健康に
なっていただくことが、私の使命だ
と思っています。

電話でのご予約

インターネットでのご予約

 

「トップページへ戻る」

このページの先頭へ