私が開院した理由

 

施術家だった祖母の教え

 

私が高校に入るころまで祖母は鍼灸院をや
っていて、不便なところにある施術院にもかか
わらず、利用者さんが遠方から来られていました。

当時は町内に医療機関が少なかったため、多く
の難しい利用者さんが施療時間に関係なく
来られることがありましたが、どんな時も、優しく
「大丈夫よ」と励ましながら施術をしていました。

祖母は施術の技術が高いというだけでなく、利用者さん
の不安を取り除き、心の安らぎを与える人でした。

利用者さんの中には、祖母の人柄に接し
人生相談をされる方も多くいました。

祖母は私に、「人はみな【偉い人】になりたが
るけど、本当に大事な ことは【尊い人】になる
ことなのよ」と、人の道を教えてくれました。

そんな祖母の施術家としての生き方が、その
後の私の人生に大きな影響を与えました。

医療の道を志すきっかけ

 

京都の龍谷大学法学部卒業後、何と
なく、医療にかかわる仕事なら、 やり
がいがあるのではないかと思い、医療
メーカー(日本で初めて 首や腰を引っ
張る牽引機を作った会社)に入りました。

そこで、整形外科や接骨院を回って、いろん
な先生と接する中で、施術家であった祖母を
思い出し、祖母のような生き方をしてみたい
という思いが、少しづつ膨らんできたのです。

新たな道に

 

自分の思いがはっきりと固まったとき、
会社は1年で やめ、大阪の医療専門
学校に行くことを決心しました。

一年受験勉強して、医療専門学校に合格。

整骨院で修行をしながら、
学校に通いはじめました。

この時、自分と同じ施術家の道を目指した
ことを、祖母は心から喜んでくれたのですが、それから
しばらくして祖母は帰らぬ人になってしまいました。

人生を人の為に尽くすことにささげ、多くの人に尊敬
され、愛された祖母は、私にとって偉大な存在でした。

国家資格取得後も、開業するまで、骨折や脱臼
で多くの利用者が来院する接骨院で修行しました。

開業後の大きな壁

 

昭和62年に広島の呉で現在の和楽堂を開業

当初は、ケガの利用者さんが多く来られ、とても
順調でしたが、評判が良くなるにつれて重度の
慢性症状(椎間板の異常、坐骨周辺の痛み、変形性の関節痛)
の利用者さんが来られるようになってきたのです。

私はケガ専門の接骨師で、重度の慢性症状の利用者さんを
直す知識も技術もほとんどもっていませんでした。

直せない、直らないという大きな壁に突き当たりました。

多くの苦しんでおられる利用者さんの症状を少しでも良
くするには、さらに高度な手技の勉強をしなけれ
ばならないことに、この時初めて気がついたのです

自分の目指す施術との出会い

 

そんな中ある先生から「整体を学ぶ
者にとって 伝説の施術家と言われる
藤原雪修の、直弟子 だった先生が、
名古屋で勉強会をやっているか ら、
一緒にいこう」と誘いを受けました。

さっそく勉強会に参加したのですが、そこで
見たその技のすごさに驚かされたのです。

その後、私は藤原雪修先生の流れを汲
む、同じ流派の三人の師に学びましたが、
三人目、最後の師である坂口明という
天才整体師との運命的な出会いがあり、
バランス反射療法を学ぶことが出来たのです。

つらい症状で悩んでおられる利用者さんの為に

 

この手技で、少しでも辛い症状で苦しんで
おられる方を楽にすることが出来たらという思い
から、毎月2回土日にかけて大阪と名古屋に、体
のバランス学の勉強をするのに、雨の日も風の
日も欠かさず11年通い講師の資格を取りました。

阪神大震災の時は日本海の山陰線回りで
8時間かけて名古屋に行ったこともあります。

現在も年に数回は、技の精度を上げる為に通っています。

祖母の志を胸に

 

祖母は、私が施術家として独り立ちした姿を見ること
なく亡くなってしまいましたが、祖母の志を受け継ぎ、

これから先も、自分の持てる最高の施術を提供
し、多くのつらい思いをしている方々の改善の道
を、共に探し手助けして、心身ともに健康になっ
ていただくことが、私の使命だと思っています。

和楽堂トップページへ

このページの先頭へ