整体師の存在意義と施術の目的とは

1、はじめに


あなたは整体と言われて、
どのようなイメージを
もっておられますか?

なんとなく「関節をポキポキして
骨盤や背骨を整える施術」
といったイメージでしょうか。

知っているようで以外と知らない整体について、
整体のことを詳しく知りたい方や
今現在つらい症状で整体院に行くことを
検討している方のために、
分かりやすく解説しますので、
ぜひお読みください。

2、整体について

 

【整体にも色んな技法がある】


○書籍やそれを行う整体師の多さで知名度が高く
一般的によく知られたメジャーな整体術

◆カイロプラクティック
◆中国整体
◆オステオパシー
◆操体法
◆身体均整法
◆自然形体療法
◆無痛バランス療法
◆整体法
◆3軸体操、3軸調整法
◆自力整体
◆正体術
◆筋系帯療法
◆創始者の名前をとって「○○整体」
「○○式健康法」と言われるもの

○それ以外のあまり世間では知られていない整体術

◆中には優れた整体術であっても一子相伝のような、
ほとんど世に出る事がないため
隠れた整体名人として一部の方のみが
知っているといったケース。

 

◆私がやっている「バランス反射整体」は、
とても有名な整体の流派を継承していて、
上記に示したメジャーな整体術の幾つかに
多大な影響を与えているのですが、
後継者の意向もあって、
積極的に宣伝していないため知名度は
それほど高くないものもあります。

【自動整体と他動整体】


◆整体には受け手自身が施し手の指示で、
自分が体を動かして調整する自動整体
◆受け手は完全に力を抜いた状態で施し手が操作する
他動整体 の2種類あります。

どちらが良いとか悪いとかということはなく
受け手の好みによると思います。

【アプローチの違い】


整体によって着目点に違いがあり、
それによってアプローチに違いがでます。
◆骨格や関節を目的に刺激を入れるもの。
◆筋肉を目的に刺激を入れるもの。
◆ツボを利用して調整するもの。
◆筋肉の反射作用を利用するもの。
などがあります。

【整体術のどれが優れているかと言う比較】


整体術のどれが優れているかと言う比較が
知りたい方は多いと思いますが、
その比較はなかなか難しいところがあります。

たとえば、それは「空手の初段と合気道の3段、
少林寺拳法の2段、柔道の5段、戦った場合、
ルール無用でどれが一番強いですか」
と聞くようなものだと思います。

武道(寝技、立ち技、関節技、蹴り突きの打撃技など)の
技によって有利不利はあるでしょうが、
強いかどうかは武道自体の比較の問題ではなく、
その武道をしている者の実力の差によって
勝ち負けがほぼ決まります。

整体も同じで、整体の良し悪しは、
整体術の何をしているかという問題が
まったくないわけではありませんが、
それを行う整体師の力量にかかっている
と言ってよいと思います。

どの整体もかなり修行に年季が入った方であれば、
間違いなく結果を出せると思います。

【整体師は実力の差が極端に大きい】


整体師の中には、技が未熟な者が結構存在します。

確かにどの業種も熟練したものと
未熟な者の差は当然あります。

ただ整体の場合は、
他の業種と違って人の体を扱う仕事ですから、
未熟な者が下手な技をかければ、
かなり深刻な問題が生じることもあります。

同じように体を扱う仕事には、
医師や柔道整復師(接骨師)、
鍼灸師、指圧マッサージ師、
理学療法士、などがありますが、

これらはすべて国家資格で3年から6年間は
学校でじっくり勉強をしています。

これらの国家資格は開業するにあたり
多くの規制があります。

国家資格者でも、
実力の差は存在しますが、
最低ラインがそれなりにしっかりしています。

それに比べ、整体師は国家資格では無く、
学校に行かなくても開業は可能です。

規制もありません。

極端なことを言えば、
誰でもやりたいと思えば
明日からでもやることは可能なのです。

そのような理由から、
体を扱う国家資格者に比べて、
整体師の熟練した者と未熟な者との実力の差が激しく、
最低ラインがはっきりしない業種なのです。

それはとても危険で怖いことかもしれません。

しかしそれが真実です。

【それでも整体術の必要性は否定できない】


ただし、誤解してほしくないのですが、
そのことで整体を否定しているわけでは
ありません。

整体は、医師や柔道整復師(接骨師)、
鍼灸師、指圧マッサージ師、
理学療法士、国家資格者では、
どうしても対応できないものに
対応できるからです。

それは体の歪みの改善(中心軸の矯正)です。
その優れた技法は誰もが否定できるものではありません。

その内容の素晴らしさから医師や柔道整復師(接骨師)、
鍼灸師、指圧マッサージ師、理学療法士などの
国家資格者が整体を学び、整体師として
仕事をしている者も多くいるのです。

 

3、中心軸について

 

【軸の崩れについて】


軸の崩れとは、
体の歪みを言うのですが、
具体的に言うと体を貫く中心となる軸が
ないことを言います。

軸には上下軸、左右軸、前後軸があります。

このどれも崩れがなければ、
歪みの無い良い状態と言えます。

特に歪みを見る場合、
頭から足までの軸が中心に
あるかどうか重要です。

軸の崩れた方の写真です。

 

 

 

 

【なぜ軸の矯正が必要か】


正直なところ、
多少の軸の狂いがあっても、
日常問題なく動けている方は多いですし、
症状が出ていない方もおられます。

したがって「体の歪み=つらい症状」
ではありません。

それではなぜ整体が必要なのでしょうか。

それは中心軸が整うと、
その人の持つ能力を最大限
引き上げることが出来るからです。

【動くものは軸が中心にないとうまく動かない】


飛行機や船、自動車やバイク、
自転車など動くものは
すべて軸を中心にして
左右が対称になっています。

片側だけ歪な乗り物を
見たことはありません。

それは、安定したバランスの問題、
エネルギー効率の問題、
見た目の美しさの問題など、
理由があります。

人の体も同じことで
中心の軸がとれている方は、
バランス、エネルギー、見栄え、
それらすべてがベストの状態に
保てるということです。

【病んでいる体は軸も中心にない】


先ほど「体の歪み=つらい症状」では無いと言いましたが、
もう1つ言えることがあります。

「何らかの症状のある方で体の歪んでいない方を
見たことがない」ということです。

歪んでいても、
感受性は個人差があり、
つらいと感じない方もおられますが、
つらいと感じている場合は、
その方の体のどこかに歪みが存在します。

【軸が改善できない整体は整体とは言えない】


整体の施術と言っても多種多様で、
歪みや軸の改善を純粋に追及している整体もあれば、
もみほぐしのコリをほぐすだけの施術もあります。

気のエネルギーの言うような手かざしの、
少し怪しげで、きな臭い施術もあります。

中には、悪徳エセ占い師のように不安をあおり
暗示をかける整体師がいますので
気を付けてください。

しかし、先に説明したように整体のすぐれたところは、
歪み(軸)の改善にあります。

それが伴わない整体は、
整体とは言えないと思います。

【軸を狂わせる原因】


軸を狂わせる原因、
それは肉体的、精神的なストレスです。

肉体的ストレスには、
◆静止によるストレス:無理な姿勢
◆動作によるストレス:無理な労働や運動
があります。

精神的ストレスには、人間関係、長時間の単純作業、
生活苦、親しい人の病気や死などが原因で、
筋肉に負担がかかったり、
自律神経が乱れると歪みの原因になります。

 

4、おわりに


整体施術の目的は、
体の歪み(中心軸)の改善であります。

整体はそれができる唯一の施術方法です。

「どの整体院を選ぶか」で最も重要なことは、
整体術で選ぶのではなく、整体師の力量で選ぶべきです。

整体歴が長く、実績がある整体師、体の生理、
解剖や、運動や食事、に関する知識も
豊富な整体師を選びましょう。

特に整体師の場合、
年齢と整体歴の長さとは関係がないので
注意してください。

年配の整体師でも、
晩年に脱サラして
整体師になっている者も多くいます。

歪みとは無縁の慰安系のマッサージ整体などは、
整体歴がいくら長くても意味がありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【歪み関連のページ】
◆体の歪み・骨盤の歪み

【和楽堂健姿形矯正院について】
◆トップページ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電話でのご予約

インターネットでのご予約

このページの先頭へ