体を改善する4つの生活習慣

a1380_000757

和楽堂では体を改善する4つの生活習慣として、

1「腹六~八分で、良く噛んで食べる」
2「冷えをなくす」
3「睡眠を十分とり体を休める」
4「痛みがなければ、無理のない程度に歩く」

この4つを、すべての利用者さんにも勧めています。

1「腹六~八分で、良く噛んで食べる」

〇過剰に使う消化エネルギーを不調箇所の改善に使います。
〇唾液を良く混ぜることで、消化吸収をたかめます。
〇噛むと脳に刺激が伝わり脳の活性化が起こります。
〇毒素の排泄が促進されます。・睡眠の質が高くなります。

2「冷えをなくす」

〇低体温は免疫力を低下させます。
〇低体温は自律神経のバランスを崩します。
〇筋肉が硬くなり、血流が悪くなり痛みの原因になります。
〇内臓の働きが悪くなり、便秘や下痢の原因になります。
〇体がダルクなり運動機能の低下、睡眠も浅くなります。
〇冷えの改善は「保温、食生活、睡眠、運動」です。

3「質の高い睡眠をとり、体を休める」

〇痛みが強いときの骨休めは、体にとって一番の薬です。
〇睡眠不足は自律神経を不調にします。
〇長時間の睡眠より、質の高い眠りが大事です。
〇寝る前の熱い風呂や飲食、PC、携帯使用は✖です。
〇お昼の15分ほどの仮眠は、疲れをとります。

4「少し良くなればとにかく歩く」

〇強い痛みがおさまれば、動かしながら良くするのが基本です。
〇年配の方や病気の方の運動は歩くのが一番です。
〇姿勢筋(抗重力筋)が鍛えられ体の歪みが改善します。
〇適度な運動は免疫力を高め、疾患の回復を早めます。
〇筋肉を動かすと血流が上がり体温も上がります。
〇自律神経を整え、消化の吸収や睡眠の質を良くします。

この4つの生活習慣の改善でで、
ほとんどの病気やケガの回復を早めます。

出来る事から始めてください、体は良くなりたがっています。

このページの先頭へ