腰椎・仙椎(仙骨)上の皮膚に直接触れて操作することがあります

当院の整体において、手の施術、
足の施術、体幹部の施術と大きく
分けて、3分野に分かれます。

手の施術においては、脇や鎖骨下部の
ツボを使います。

足の操作では、大腿部の内転筋や
股関節の鼠径部のツボを使います。

体幹部では臀部や腰のツボを主に使います。
服の上からでは腰椎や仙骨部のツボ位置が
はっきりしない場合や椎骨間が狭い方、
自律神経の不調や症状が重度の方、正確を
期するために、直接皮膚面のツボを触診し
ツボを皮膚上から直接触れて操作します。

最後の椎骨の操作は大変重要です。

腰周辺の皮膚の露出に抵抗のある方は、
問診表に記入欄がありますので印をつけ
てください。技の選択が狭まりますが、
施術内容を変えることは可能です。

施術内容について、ご質問があれば
気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ