整体:椎間板の異常の姿形写真

この男性Mさんは、両足のつらい症状で

相談に訪れました。

 

整形外科でMRI検査で椎間板の異常

(L23間、L34間、L45間の3か所)

が見つかっています。

 

整形外科ではブロック注射の処置を1回受けています。

 

(症状部位)

右臀部、右大腿部後側、右下腿後側、

左大腿部前面

(症状)

電気が走る、突っ張り、だるさ、

シビレなど。

(動作)

後ろの反らせない

 

椎間板の異常とは、椎間板と言われる

組織が飛び出し、神経を圧迫する事で

足にかけて症状が出る状態を言います。

 

労働や不良姿勢が長く続くことで、椎間板に

負担が掛かり上下の椎体の圧によって椎間板が

飛び出した状態になります。

 

整形外科で行われる処置は、痛み止め、シップ

物療(電気、温熱)、固定、最終的には手術です。

 

椎間板が変異を起こした原因は、

「重量物を持った」「無理な姿勢を続けた」

など、きっかけはあるかもしれませんが、

 

根本的には、姿形の崩れが最初に

起きている事を見逃してはいけません。

 

姿形の崩れは、歪みが小さい間は、

体はどうにかバランスをとっていますが、

その歪みが進行してくると、負担の

大きな所の器官に器質的な異常が起きてきます。

 

異常が起きた場所だけを問題視してしまうと、

「そこを切ればいい」「そこに痛み止めを打てばいい」

など、対症療法になってしまいます。

 

こういった異常を良くするためには、

まず最初の原因である姿形の崩れを良くしないと

根本的な解決にはならないのです。

 

姿形を放っておいて局所だけにこだわると、

一時的に症状は取れても、姿形が正されていない

以上、また再発する可能性が高くなります。

 

姿形を正すと言う発想が現代医学にはありません。

 

姿形と病気の関係は深いものがあります。

 

姿形が崩れているといずれ体の不調が現れ、

器質的な問題が起きて病名が付くようになります。

 

バランス反射整体で姿形を正す事は、

症状を良くするだけでなく、予防と言う

意味合いからも重要です。

 

早めに体をお手入れする事をお勧めします

 

※椎間板の異常は、整体ですべて

対応できるわけではありません。

症状の度合いによっては、医療機関と

連携しながら対策を立てていく

必要がある場合もあります。

詳しいことはご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【痛みと歪み改善・和楽堂健姿形矯正院】

 広島県呉市広古新開1-8-29

JR呉線新広駅から国際通り沿いに徒歩5分

  TEL 0823-74-7718 <完全予約制>

 受付時間・午前9:00~12:00 

     午後4:00~7:00

  (土日祝は9:00~13:00まで)

毎週、月木休み/土日祝は午後休み 

施術料金

◆検査・カウンセリング料のみ3000円(初回)

◆整体料金:5000円(2回目から)

 

和楽堂の整体の特徴として、一般の整体の

捻ったり、揉んだり押しり、叩いたりしません。

最近増えている、時間で料金を決める

揉み解し整体ではありません。

 

呼吸とツボを使い手足を軽く動かすだけで、

体の歪みを整えます。人体生理に基いた

理論と技法を使います。

 

◆和楽堂トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ