「和楽堂健姿形矯正院」の名前の読み方と由来

和楽堂健姿形矯正院の名前の読み方は、

「ワラクドウ・ケンシケイ・キョウセイイン」

と読みます。

 

「健姿形」とは「健康な姿,健康な体の形」

という意味です。

 

健康の度合いは、姿勢に現れます。

 

具合が悪い方で、姿勢正しく、

歪みの無い、体の形の方はおられません。

 

心が病んでいても体が病んでいても、

姿勢は崩れます。

 

骨格は、重要な臓器を入れる

器の役割を果たしています。

 

骨格とは頭蓋骨、胸郭(肋骨や胸骨)、

脊柱、骨盤、四肢骨などを言いますが、

この骨格が歪むとどうなるでしょうか。

 

器である骨格が歪むと当然、その中にある

脳、脊髄、内臓や血管、神経など良い形を

保てません。

 

健康な体とは、体の中心軸に対し、

左右が対称で、均整の取れた状態を言います。

 

色んな症状は、骨格のバランスの崩れが

進行して、その中にある、臓器や血管神経が

正常に機能しなくなった状態なのです。

 

症状だけを追う対症療法ではなく、

体の形に注目して、体全体のバランスを

取ることで、根本的な解決が図れます。

 

植木の職人も枯れた枝葉ではなく、

根の部分に手をかけることで、

木の生命力を取り戻すのです。

 

人間の体もそれと同じことなのです。

 

和楽堂健姿形矯正院の名前は、

こうした意味で付けました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ