整体・重力などの外的要因が体に与える影響について

【重力の問題】

重力は人間にとって、生命に関わる影響があります。

この地球の重力なしには人間は
生命を維持することは出来ません。

宇宙に滞在すると骨密度や筋力が低下して、
地球に戻った時には一人で立つ事もできません。

目に見えない重力によって、
筋肉や骨は正常に保たれているのです。

重力は地球の重力だけでなく、月のように
小さな衛星の重力でさえも、人間の体に影響を
及ぼしています。

潮の満ち引きに関係する月の重力は、
出産や息を引き取る時に影響を及ぼす
といわれていますし、また、女性の
生理周期にも関係があるとされています。

重力と体の軸との関係ですが、
軸がしっかり中心にある場合は
重力が体に良い影響を及ぼし
健康に問題なく過ごせます。

しかし体の軸が何らかの原因で崩れると
重力の影響は悪いほうに強く働いてしまうのです。

【重力以外の外的環境の問題】

人間の体は地球や月の重力の影響だけでなく、
大気の気圧の変化でも、体調が変化することは
体験している方は多いと思います。

体の軸の崩れは、重力や気圧、気温、湿度、など
目に見えない外的要因に、体は敏感に反応してしまいます。

過剰な反応は、ストレスとなり各器官に影響を及ぼし、
不快な症状を引き起こす原因となります。

それがさらに進行すると、病名がつく
器質的な変化へと重症化していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ