整体に全身マッサージは必要ない

前回のブログで局所の痛みだけでなく、

体全体をみて全身のバランスをとる

ことの重要性を説明しました。

 

この説明で誤解してほしくないのですが、

全身のバランスを見て施術することは、

全身をマッサージしたり、

全身のストレッチをする、

ということではありません。

 

そのことについて今回は説明していきます。

 

人の体は、縮みすぎて悪くなっている所と

伸びすぎて悪くなっている場合とがあります。

 

同じように全身を揉んでしまうと

伸びすぎて悪くなっている所が

さらに緩みすぎる場合もあるし、

緊張している所がさらに緊張させる

場合もあります。

 

体のバランスをとるためには、

縮んで悪くなっている所は緩めて、

伸びている所は力をつけてやる必要があります。

 

 

【歪みの原理】

骨格の歪みは、

ほとんどの場合が骨格自体に

直接的な問題があるのではなく

筋肉のバランスが崩れたために

起きています。

 

骨格の変形は、

筋肉のバランスが長期間、

崩れたために骨に器質的な変化が

起きたものです。

 

当たり前のことですが、

体が歪みは、

右の筋肉が縮めば、

左の筋肉は伸びています。

前の筋肉が縮めば後ろの筋肉は

伸びているのです。

 

これを見極めて、

施術しないとバランスは改善しません。

 

 

【全身マッサージの弊害】

従って、

全身をくまなくマッサージをしても

気持ちは良くても歪みが良くなることは

ありません。

 

また、強い刺激の揉み解しは、

さらに歪みを大きくする恐れおあります。

 

体のバランスを取るためには

「縮んだものは緩める、

伸びているものに力をつける」

使い分けた施術が必要です。

 

そのためには高度な施術が

求められると同時に、

体のどこに縮みがあり、

体のどこに伸びがあるのかを

見極める検査法と整体理論の知識が

必要になります。

 

整体と言っても施術内容は、

整体院によって全く違います。

 

慰安なのか、

体の歪みを目的にしているのか

しっかり選別して、

自分に合った整体院を

選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ