歪みを直せば、必ず健康になる?

歪みを直せば、

必ず健康になるわけではありませんが、

歪みを直さなければ

健康になることはできません。

 

多少歪みがあっても、

日常差し障りなく生活を送っている方は

大勢おられます。

 

しかしながら、

そのような方に詳しく体の状態を聞いてみると、

痛みや痺れまではいかなくても、

下記のような不調を言われます。

 

関節の動きが悪くなっていたり、

筋肉のどこかにコリや張り感じたり、

呼吸が浅くイライラしたり、

眠りが浅かったり、

体がすっきりしないなど、

病院に行く程ではないけれど

体の不調を感じておられるのです。

 

体に不調の原因は、

歪みだけではありませんが、

歪みを放置すれば、

関節や神経に器質的な変化が起こり

痛みや痺れにかわることもあれば、

ケガや関節炎など起こしやすくなります。

 

体の歪みを直すことは、

症状の改善だけでなく、

予防として大事な役割があります。

 

医療機関では、

体の歪みがあっても

病気として扱われることはなく、

何の対処もしてもらえません。

 

どこか関節や筋肉が痛ければ、

痛み止めと湿布をもらうだけです。

 

現代の医学では体の歪みを

あまり重要視していませんが、

体の歪みを軽く見てはいけません。

 

真の健康を手に入れるには、

歪みの改善が不可欠なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ