(2017・第28回)火とグルメあきつフェスティバル 

当院の利用者さんからチラシをいただき、

11月11日(土)に火とグルメのあきつ

フェスティバルに行ってきました。

 

その方が和太鼓演奏に出演されると

いうことで、その時間に合わせて家内と

車で出かけました。

 

正直に言って、大きな町とは言えない

安芸津町のフェスティバルも和太鼓

演奏も和太鼓演奏と同時に行われる

「京都の大文字焼」のパクリのような、

山にともされる「万葉火点火」もあまり

大きな期待はしていませんでした。

 

しかし、それらはみな、私の否定的な

期待を大きく裏切るものでした。

 

本当に良かった! 素晴らしく良かった! 

です。

和太鼓演奏は、プロ並みで迫力があり、荘厳で、

心を打たれました。60分ほどの演奏でしたが、

その間、山の火の「万葉火点火」があり、

万の字が徐々に点火と共に形作られ、字が

出来上がりながらの和太鼓のコラボレーションは

見事でした。

グルメについては、地元の牡蠣やジャガイモの

特産物を生かした露店が並んでいて、家内は

殻付きの焼き牡蠣を食べました。

 

牡蠣は何もつけなくても自然の塩気で美味しく、

安芸津のじゃがもコロッケは甘みがあり

ホクホクでした。

 

他には、定番の焼きそば、たこ焼き、焼き鳥、

そば、ラーメン、パンや花の販売もやって

いました。

地域の特産物の販売は、行った時間が遅かった

ので、すべて売り切れていました。

今日12日も16:30分までやっています。

 

和太鼓の演奏は15:15分にありますので、

行ってみてください。

場所は国道185号線の海側の広い敷地がある、

東広島市安芸津市民グランドです。

 

駐車場は会場の隣にあり、敷地は広く車を

500台収容でき、係員が入り口から適切に

誘導してもらえるので安心です。

 

11日に合った和太鼓演奏と保野山の

万葉火点火は17時から18時の間にある

ので、昨日の夜は結構冷えました。

 

来年行かれる方は、しっかり防寒の

用意をしてみるようにしてください。

 

マフラーや手袋、ベンチに座る時の

お尻に敷く物や、ひざ掛けがあると

寒さを防ぎます。

 

演奏の途中で、隣のおじさんの携帯の

音が大きく鳴ったのですが、せっかくの

演奏の邪魔になります。携帯は切って

おくかマナーモードにしておくように

しましょう。

 

詳しいことは、下記へお問い合わせください。

あきつフェスティバル実行委員会事務所

(東広島市安芸津支所地域振興課内 

0846-45-1102)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ