5、体の使い方

・腰、股、膝

腰を曲げない。腰を曲げて捻らない。前屈みに

なる時は、腰を曲げず膝と股関節を曲げます。

 

体を起こす時は、先に頭を起こして股関節と

膝を同時に伸ばします。

 

腰高のまま物を持ってはいけません。

一旦しゃがんで物をできるだけ体に

近づけて持ち立ち上がります。

 

・首、肩、肘

肘を脇からあまり離さないようにして作業する。  

肩が上がらないようにする。体の中心で作業する。

携帯やパソコンを使うときは猫背にならないように

して目線を下に向かないようにしてください。

    

・重心と手の挙上

腰を曲げると手が上がりにくくなります。

腰を伸ばし、手を挙げる側の足に

重心を乗せると手が挙げ易くなります。

(目次)

1、「姿勢について」のブログのページ

2、「冷えについて」のブログのページ  

3、「食べ方について」のブログのページ 

4、「運動について」のブログのページ  

 6、「睡眠について」のブログのページ 

7、「自己管理について」のブログのページ 

8、「予防・健康維持の考え方」のブログのページ  

9、「その他」のブログのページ  

・その症状は温めるべきか、冷やすべきか

・痛み止めについて

・治療期間中に負担を掛けてないのに痛みが

強くなる時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ